So-net無料ブログ作成

『シムソンズ』 [Cinema]

※映画の感想・評論(もどき)の文章では基本的にストーリーに触れる部分があるため未見の方はご注意を。

2006年『シムソンズ』製作委員会
監督:佐藤祐市
出演:加藤ローサ /藤井美菜/高橋真唯/星井七瀬/大泉洋/夏八木勲/森下愛子
評価:★★★★☆

トリノオリンピックで一躍注目された女子カーリングチームに在籍した小野寺歩選手らが在籍したという北海道の常呂町のカーリングチーム“シムソンズ”の結成までの話を元に映画化。実在の選手とたちとは名前も変えているし、物語もかなり映画用に脚色されているらしいので、実際にあった話というよりは、青春スポーツものとのして単純に楽しむのがいいようだ。

WOWOWで放送されたものを観た。コレは拾いものである。素晴らしく爽やかな青春映画になっている。それ程期待していなかったからかもしれないのだが、あざとさがなく自然に引き込まれていく魅力がある。

主役となる加藤ローサはいたって前向きな女の子を好演している。その前向きさを支える母親役の森下愛子もいい。ここに深刻な悩みがないから爽やかななのかも知れない。一方、朝日新聞の広告などでもおなじみ藤井美菜は少し屈折した役回り。カーリングは好きなんだけれど仲間と打ち解けようとしない。それが孤立した存在となってどのチームにもいられなくなってしまう。フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した『ブロッコリー』のドラマで演じた主役の女の子は恋に悩む等身大の役どころで明るく快活だったが、ここでのいつもふてくされたような表情も、素が美人系だからきつめでいい味を出している。シムソンズのメンバーと打ち解けはじめた後は、その『ブロッコリー』での快活さを彷彿とさせる表情にもなり、その差がうまく活かされたようだ。

北海道が舞台だから大泉洋なのかと、あまりに単純なキャスティングに何だかなあと思いはしたが、実は大泉洋がこの映画の核だった。自らもかつて常呂町を代表するカーリングチームの選手だったが、あることをきっかけにカーリングからは離れざるを得なくなり、漁師の仕事に携わっていた。それが後輩の人気カーリング選手の勧めもあってシムソンズのコーチに。その過去にキズある感じがよく出ていて、それを隠そうとおちゃらけたり、真面目になったり…。大泉洋の個性が上手に発揮されてピタッとはまった役となった。

全体のストーリーはありきたりと言えばありきたり。新味はないかもしれない。しかし頭脳ゲームのカーリングの面白さもよくわかるし、そのありきたりの題材を、本当に観た後に不快な気持ちにさせない清々しさのある良品に仕上げている。

実に気持ちの良い爽やかな感動を感じる作品だった。
 

シムソンズ 青春版 (完全限定生産)

シムソンズ 青春版 (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0